知っておきたい自動車ガラスの構造と機能

自動車は非常に便利な乗り物で、私たちの生活には欠かせないものです。その自動車のガラスには、安全性・快適性を高めるために、様々な構造上の工夫や機能が施されています。自動車のガラスはどのような構造になっているのか、また、最新のフロントガラスが備える機能についてご紹介します。

自動車のガラスの構造はどうなっている?

自動車のガラスの構造はどうなっている?

自動車のガラスは、使用されている場所によって構造が異なり、基本的に下記のような仕様となっています。それぞれの特徴をご紹介します。

合わせガラス

前面のフロントガラスは合わせガラスが主流となっており、ガラスとガラスの間に衝撃を吸収・緩和するための透明樹脂フィルム(中間膜)が入っています。この3層構造により、万が一事故が起きても中間膜が衝撃を吸収し、安全性が保たれるようになっています。

強化ガラス

強化ガラスはリアやサイドのガラスに用いられ、通常のガラスよりも衝撃に対する抵抗力が3~5倍もあると言われています。また急激な温度変化にも強く、170度程度まで耐える事ができます。

フロントガラスには機能がたくさん!

フロントガラスには機能がたくさん!

合わせガラス使用が義務付けられているフロントガラスですが、実は様々な機能が備わっています。最新のフロントガラスが持つ機能には次のようなものがあります。

断熱性能

直射日光を遮り、車内が高温になるのを防ぎます。

UVカット

紫外線を遮る効果で、高性能なガラスでは約99%カットできるものもあります。

遮音性能

自動車走行時の騒音を低減し、快適なドライブを提供します。

この他にも車のフロントガラスには、プライバシーの保護、運転時の視界の確保、事故の際の衝撃緩和、運転時の快適性アップなど、様々な機能を備えたものがあります。

旭川市でガラス交換・修理をお考えの方は、株式会社デントリペアサービス旭川にご相談下さい。ヒビ・キズの形状や大きさによっては、ガラス交換をせずに修理で対応できる場合がございます。旭川市の店舗へご来店頂くのが難しい方、旭川市から遠方にお住まいの方は、修理箇所の画像を送って頂ければ概算見積もりも可能です。ガラスのキズやひび割れは、ガラス交換や修理をせずにそのまま放置すると大変危険ですので、お早めにご相談下さい。

フロントガラスの種類について

フロントガラスの構造とは

フロントガラスを長持ちさせるには

フロントガラスの修理や交換で保険は使える?

旭川市でガラス交換・修理をお考えなら株式会社デントリペアサービス旭川へ

会社名称 株式会社デントリペアサービス旭川
(日本デントショップネットグループ技術認定ライセンス取得店)
代表取締役 小木田 憲彦
電話番号 0166-74-4170
営業時間 AM9:00~PM19:00
定休日 毎週月曜日 第2日曜日
事業内容 デントリペア / ウィンドリペア / ガラスキズ取り研磨 / 自動車ガラス交換 (全て自社施工)
URL https://www.dent-asahikawa.com
  • 出張無料
  • 来店OK!
  • カードOK!
  • 業者歓迎