【旭川】フロントガラスのヒビをリペア!リペアについて

【旭川】フロントガラスにヒビが入った時の対処法を解説!

旭川にはフロントガラス修理に対応してくれる業者が数多くあります。フロントガラスのヒビは、自分で直すことはできるのでしょうか?飛び石などで傷がつくのはよくあることなので、予備知識として知っておきたいところです。今回は、フロントガラスのヒビのリペアについて解説します。

フロントガラスの構造

道案内をする女性

バチッという音がして、フロントガラスを見るとヒビが入っている、といった経験をしたことはありませんか?飛び石によるガラスの破損は、自分は何も悪くないのに愛車に傷がついてしまうため、心理的なダメージが大きいです。しかし、飛び石によるガラス破損はそれほど珍しいことではありません。それでは、自分が当事者になったらどのようにすればいいのでしょうか?

フロントガラスの構造

フロントガラスのほとんどは、「合わせガラス」を採用しています。2枚のガラスでプラスチック製の中間膜を挟む構造になっています。この中間膜自体は柔らかい素材で、ガラスと合わさることで非常に強靭なガラスになっているのです。飛び石によりフロントガラスが傷つけられた時は、ほとんどの場合車の外側のガラスだけが傷んでいる状態。飛び石によってフロントガラス自体に穴が開いてしまうほどの被害を受けることはほとんどありません。

飛び石による傷への対処法

小さいからといってフロントガラスにできた傷を放置するのはNGです。車は走っている時に様々な力を受けています。振動や風圧により、最初は小さかった傷が大きく広がることも十分考えられるのです。そうなると、単に傷を直すだけでは追いつかず、フロントガラスそのものを交換しなければならなくなり、かえって出費がかさむというわけです。飛び石によってできた傷は、小さくても専門業者に依頼して修理しましょう。

修理でなく交換するべき事例

傷の状態によっては、修理よりも交換するのがベターという事例もあります。代表的な例は、以下のとおりです。

500円玉よりも大きい傷

専門家の間でも「500円玉よりも大きな傷は直すのが難しい」という認識が一般的です。修理した場合、目立たなくすることはできても根本的な解決にはならず、結局は再度ヒビが大きくなる可能性が高いからです。

上・左右の端近くに位置する傷

フロントガラスの中でもルーフに近い上部にある傷やピラーに近い左右の端の傷は要注意です。修理したとしても、走行中に車体が受ける振動によって再び広がる可能性が高いです。上部の端、左右の端から目安として10cm以内の位置に傷があれば、修理よりも交換がおすすめです。

デフロスターの風があたる位置にある傷

デフロスターの風がフロントガラスにあたると車内側と車外側で温度差が生じやすくなります。ガラスには温度差によって、両面に膨張率の違いが出ると割れやすい、という性質があります。そのため、修理したとしてもまた傷が広がる可能性が高いのです。デフロスターの風があたる位置に傷が発生したら、修理ではなく交換をしましょう。

自分で修復はしてもいい?プロに依頼するメリットをご紹介

ヒビの入ったフロントガラス

飛び石によりフロントガラスに傷がついた場合、様々な処置法があります。かかる費用にも幅があり、誰もが安く仕上げたいと思うはずです。最も安くできる補修方法は「補修キット」でしょう。カー用品店などで手軽に購入できますが、この補修キットは使うべきなのでしょうか?実は「ガラスにできた傷を直すのに、補修キットは使うべきではない」というのが、多くのガラス修理の専門家で一致した意見です。その理由を下記で解説します。

飛び石によってガラスに傷ができた場合、500円より小さいものなら補修できる可能性が高いでしょう。修理には「レジン液」という透明で粘度の高い液体を使います。これは、紫外線を当てると固まる性質があり、傷に流しこんだ後で紫外線を当てることで、ガラスと同化したように見えるのです。傷によりできたすき間はとても狭く、レジン液が浸透するのに時間がかかります。専門家でない人がレジン液を使って傷の修理を行うと、レジン液がちゃんと浸透しないまま固まってしまいがちです。そうなると、その後に専門家が施工したとしても修復は難しくなります。

最初から専門家に任せていれば問題はなかった小さな傷なのに、結局はフロントガラスそのものを交換せざるを得なくなるケースも少なくありません。素人によるガラスの傷の修理は、安上がりに思えても結局は高くついてしまうことが多いのです。

それでは、飛び石によるフロントガラスの損傷に対して、どのように対処するのがベストでしょうか?「応急処置を施した後、できるだけ早く専門家に修理を依頼する」というのが答えです。応急処置の基本は「傷の内部に水やホコリなどを入れないこと」。レジン液をしみ込ませるためには水やホコリが大敵です。これらが入り込まないように、できるだけ早いうちにテープなどで覆うようにしましょう。また小さな傷だからとそのままにしておくと、走行時の振動によって拡大する可能性があります。そのため、早めに専門家に相談するのが最善の方法といえるでしょう。フロントガラスの修理は、株式会社デントリペアサービス旭川へ。

フロントガラスの傷・ヒビのリペアは株式会社デントリペアサービス旭川へ

フロントガラスの構造から、飛び石によりできた傷への対処法まで解説しました。フロントガラスに傷ができるのは珍しいことではないので、いざという時の対処の仕方を知っておくと安心です。

旭川でフロントガラスの修理をお考えなら、株式会社デントリペアサービス旭川にご相談ください。ウィンドリペアの所要時間は傷の大きさによって異なり、500円玉以下の大きさであれば1箇所の修理に約1時間、即日納車も可能です。

株式会社デントリペアサービス旭川が紹介する「板金塗装・車修理」に関するコラム

旭川でフロントガラスの修理・交換依頼なら株式会社デントリペアサービス旭川

会社名称
株式会社デントリペアサービス旭川
(日本デントショップネットグループ技術認定ライセンス取得店)
代表取締役 小木田 憲彦
住所 〒078-8349 北海道旭川市東光9条9丁目1−16
電話番号 0166-74-4170
営業時間 AM9:00~PM6:30
定休日 日曜日、祝日
事業内容 デントリペア / ウィンドリペア / ガラスキズ取り研磨 / 自動車ガラス交換 (全て自社施工)
概要 旭川で板金塗装・ガラス修理をお考えなら【デントリペアサービス旭川】へ。板金塗装・ガラス交換の半額以下の安い料金でデントリペア・ウィンドリペアを行なっております。
URL https://www.dent-asahikawa.com
  • 出張無料
  • 来店OK!
  • カードOK!
  • 業者歓迎

ご予約・ご相談はお気軽に
【定休日】日曜日、祝日
【受付時間】午前9時~午後6時30分

0166-74-4170

旭川で板金塗装・ガラス修理をお考えなら【株式会社デントリペアサービス旭川】 | メールフォーム